入れ歯・義歯

木村歯科医院式「精密入れ歯治療」

精密入れ歯治療

喋りやすい入れ歯、外れにくい入れ歯、グッと噛める入れ歯、入れ歯にはとにもかくにも、「精度」が重要です。当院の入れ歯が、患者さまに喜ばれているのは、4つの理由があるからです。ここでは、その理由について、少し詳しくご紹介したいと思います。

選ばれる理由1.次世代の入れ歯素材「ウェルデンツ」

ウェルデンツ

ウェルデンツは多年の研究を経て幾多の臨床検査を終え、厚生労働省より認可を受けた独自開発の樹脂材料を(薬事認可製品)活用し、製作された口腔内補綴治療製品(入れ歯、被せ物等)です。上記で記載したノンクラスプデンチャーの素材に使用します。

ウェルデンツのメリット

  • 無菌性樹脂素材のため、洗浄剤をほとんど必要としません。
  • アレルギーの原因にならないので安心です。
  • 薄くて軽くて丈夫かつ、装着感に優れています。
  • 審美性に優れています。
  • 長期使用においても臭いません。
  • お口の中が広く清潔になります。
  • 優しい素材のため天然歯を痛めません。
  • 金属は一切使用しないのでアレルギーが心配な方にも安全です。
  • とても経済的です。

ウェルデンツのデメリット

  • 壊れたら修理が難しい。
  • 舌感がザラザラしている。

ウェルデンツを使用した「ブリッジ」

ウェルデンツ

人工歯および維持装置部をウェルデンツ樹脂でワンピース化した製品です。

床の部分はアクリル床でもウェルデンツ樹脂床でも可能です。

入れ歯だけどブリッジ感覚 「ブリッジデンチャー」

ウェルデンツ

人工歯併用タイプはウェルデンツ樹脂を用い維持装置部をワンピースでフレーム化し、その上より人工歯で被覆させた補綴物のため審美性に優れます。

床有りタイプはアクリルでもウェルデンツ樹脂でも可能です。

アームの形状は設計によって異なります。

銀色のバネの見えない 「ノンクラスプ・デンチャー」

ウェルデンツ

ウェルデンツ・ノンクラスプデンチャーは軽くて薄くても床が割れにくく、クラスプ部分に金属を使用しないタイプの入れ歯です。

吸水性が少なく変色や臭い、経年変化に強い入れ歯です。

選ばれる理由2.ニーズに合った「多種類」の入れ歯をご用意

入れ歯

入れ歯の技術は、年々進歩しています。ですから、今現在は、全く金属を使用しないような入れ歯も作成することが可能です。けれども、もっと喋りやすい入れ歯がほしい、外れにくくしたい、おもいっきり噛み込たいなど、患者様のご要望に応えるためにも当院では、多種類の入れ歯をご用意しています。

審美性重視ならノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー審美性を重視されている患者様には、ノンクラスプデンチャーがお勧めです。ノンクラスプデンチャーには、金属性のクラスプが存在していませんので、見た目が非常に良いのです。

当院では、ノンクラスプデンチャーの素材として、最新の入れ歯素材で世界中から注目されているウェルデンツを使用します。

ググっと噛み込める磁性マグネットデンチャー

磁性マグネットデンチャー硬いものもしっかり噛みこみたい方には、磁性マグネットデンチャーがお勧めです。

磁性マグネットデンチャーは、強力な磁石を使用しているので、しっかりと固定されますが、反面、磁石で装着するタイプなので、取り外しが容易です。

義歯と歯ぐきに磁石を装着するシンプル構造ですので、お手入れが簡単です。

壊れにくい頑丈な義歯なら金属床

金属床審美性や柔軟性ではなく、強度をお求めの方は、金属床の入れ歯がお勧めです。

義歯床がチタン、もしくはコバルトクロムという親和性の高い金属製ですので、アレルギーも気にすることなく、かつ壊れることがほとんどありません。

選ばれる理由3.「入れ歯専門」の歯科技工士との連携

「入れ歯専門」の歯科技工士

当院は技工所を併設しております。技工所とは入れ歯を作る工場のことで、一般歯科は入れ歯の製作をこの工場に外注しています。当院では木村歯科医院専属技工所を併設することで、「入れ歯専門」の歯科技工士と密に連携して入れ歯の作成に取り組んでいます。

▼彼らは入れ歯のスペシャリストですので、最良の入れ歯を作成することが可能ととなります。

  • 歯科技工士歯科医師と技工士が密に連携することができ、最良の治療が行えます。

  • 歯科技工士微妙な色のグラデーションや0.1mmの世界にこだわって製作しています。

  • 歯科技工士妥協は一切ありません。常に真剣勝負で最高の技工物を作ります。

選ばれる理由4.制作工程にもこだわり!

入れ歯の製作中写真

まだまだ!素材、種類、技工士との密な連携以外にも、入れ歯制作の工程にもとことんこだわりを持っています。その特徴について、いくつかご紹介していきます。

  • シリコン印象材の使用

    シリコン印象材お口の中の型を取ることを印象採得と呼びます。当院では、この印象採得の際に、最適な素材であるシリコン印象材という、優れた材料を使用して精密に型どりを行なっております。

  • 個人トレーの使用

    個人トレー入れ歯の作成にあたり、個人トレーを利用しています。ふつうは流用トレーですが、個人トレーは、患者様専用のトレーですので、精密なお口の型を取ることが可能となります。

  • ティシュコンディショニング

    ティシュコンディショニング患者さまが使用中の入れ歯に、ティッシュコンディショナーと呼ばれる素材を装着します。すると今現在のお口の状況が反映され、より精度の高い入れ歯を作成することができるのです。

  • 噛み合わせ調整

    噛み合わせ調整見た目や快適さというのは重要と言えますが、何よりも「噛む」という機能を正常に果たさなければ意味がありません。ですから、噛み合わせ調整は非常に重要な処置であると言えます。

羽生市で入れ歯治療ならこだわりの木村歯科医院へ

入れ歯の歯科相談

まだまだ、当院が入れ歯に対してこだわっていることを書きたいですが、読みにくくなるのでこのあたりで終わります。このようように、当院では入れ歯治療に対して徹底的にこだわっておりますので、羽生市で入れ歯治療の歯科医院を探しの方は、ぜひ、こだわりの当院までご相談ください。