インプラント磁石で固定する入れ歯

インプラント磁石で固定する入れ歯治療を行なった60代男性の症例

海外勤務をしており、15年ぶりに歯科医院へ来院した男性。硬いものが噛めないということでインプラントに興味があるが、どのような治療になるのかということで相談にいらっしゃいました。

※この症例は埼玉県羽生市の木村歯科医院で実際に行なった症例です。

初診時のレントゲン

左上下と右下の臼歯部が残っていません。

海外勤務をしていたそうで、上の前歯のブリッジ治療は15年前に海外で行ったそうです。数ヶ月前から揺れが始まったようです。原因は歯周病が重度に進行していること、ブリッジにより残っている歯に多くの負荷がかかっていたことでした。

初診時の口腔写真

上の歯は歯周病に侵されており残せないと判断しました。

奥歯がないところは10年以上前に義歯を1年くらい使用していたが、取り外しが面倒だった為に今は使っていないとのことです。

治療していくにあたって、お口の中全体の検査(レントゲン・歯周病の検査・歯型の模型を作製)を行い、より噛めるような状態にするにはどんな治療があるのか治療計画を立て、説明を行いました。

海外で行った前歯部の治療は高額の治療だったそうですが、現状残せる歯はほとんどありませんでした。今回オールオン4やインプラント磁石等の選択肢から仕事を退職された後の生活において最善の方法を提案しました。金額的な面と年齢を考えてインプラント磁石に決定しました。

磁石を利用したタイプのインプラントは多くの歯を失った方に適した治療法です。インプラントを2~4本埋め込み、磁石の力で入れ歯をピッタリと安定させる治療法のことです。

インプラント4本を埋入

抜歯後、インプラントを埋入したレントゲン

インプラントの人工歯根を4本埋め込みました。インプラントと自分の骨がつくまで約2~6ヶ月お待ちいただきます。その後人工歯根に磁石にくっつきやすい金属)を取り付け、入れ歯にも小型の磁石を埋め込みます。そして強力な磁力でしっかりと入れ歯を固定させます。

埋め込んだ金属と入れ歯の固定

インプラントに磁石を装着、入れ歯の密着度が飛躍的に向上

通常、上顎の入れ歯は安定をさせる為に上顎を全て覆うようなタイプの入れ歯になります。インプラント磁石にすると、上顎の床の部分をくり抜いたタイプの入れ歯を入れることができるので、食べ物の味わいや熱さ冷たさを感じるようになり食事がとても快適になります。入れ歯は安定して装着の違和感も少なく、磁石により固定性入れ歯に匹敵する噛み心地を実現しました。

治療完了

下の歯は入れ歯、インプラントマグネット入れ歯です

上は磁石でガッチリ固定された「インプラント磁石入れ歯」です。下は部分入れ歯になります。残せる歯は最大限残し、しっかり噛める提案を行いました。上顎が入れ歯であることはほぼわからず、下顎の金属は下唇に隠れるのでほとんど目立ちません。しっかり噛めて見た目も自然な仕上がりです。

埼玉県羽生市でインプラントマグネットデンチャーなら木村歯科

インプラント

埼玉県羽生市で、固定式(インプラントマグネットデンチャー)でしっかり噛める入れ歯をご希望の方はぜひ木村歯科医院までご相談ください。日本口腔インプラント学会専門医が執刀する高水準のインプラントマグネットデンチャー治療を受診できます。入れ歯、インプラントに関するセカンドオピニオンも行なっておりますので、ぜひご利用ください。