よく噛むことの大切さ

投稿日:2017年9月13日

カテゴリ:スタッフブログ

埼玉県羽生市にある木村歯科医院の吉田です☆

久しぶりに都内へ行く用事があり、池袋へ一人で行って来ました♪

妊娠後期から電車に乗ることがなかったので、1年以上ぶりの電車での移動。

そして、人混みの池袋・・・以前は、当たり前の光景でしたが、どれも新鮮な感じがしました!

用事を済ませて帰りに久しぶりに一人でランチをして来ました♪

伊達の牛タン!!大好きな牛タン美味しくいただきました。

たまにはのんびり一人ランチもいいですね☆

しかし、あまりのんびりもしていられず、寄り道せず家へ帰りました。

 

私は元々早食いなのですが、子育てしてからさらに早食いになってしまいました。

しっかり噛んで食べることは満腹中枢を刺激するのでダイエットに効果があったり、だ液が多く出ることでむし歯予防になったりといいことばかり・・・実は食中毒とも大きく関係しております。

以前参加したセミナーの中で岡崎好秀先生が食中毒の予防はよく噛むことが関係するということをおっしゃっていました。食中毒の菌は食べ物を通じて口へ入りますが、胃で分泌される胃酸により食べ物に付着する菌は胃では生きていけないそうです。食事中に多く水分をとると胃液が薄まり、殺菌されない可能性があるようです。しっかり噛まずに流し込んで食べてしまうことは、現代の食文化にもなってしまっているとのことでした。

よく噛んで食べるということは食べ物をしっかり砕き、できるだけ食べ物と胃液が触れやすい環境を作ることがいいということです。

私もこれを機に再度食事について見直していこうと思っています!

 

当院では院長によるお口の健康講座を開催しております。

次回は9月29日(金)18:00

参加ご希望の方は受付までご連絡ください!!

皆様の参加をお待ちしております☆

■ 他の記事を読む■