歯肉炎?歯周炎?

投稿日:2015年7月23日

カテゴリ:スタッフブログ

埼玉県羽生市にある木村歯科医院の大場です。

今日は歯医者さんに行くと良く耳にする、歯肉炎と歯周炎の違いについてお話したいと思います。

まず知っておいて頂きたいのは、この二つの言葉はどちらも歯周病という歯茎の病気の進行具合を表す言葉だということです。病気の進行具合によって二つに分かれています。

まず、歯肉炎とは炎症が歯と歯茎に限局し、歯と歯茎の境目が腫れたり、歯茎から出血しやすくなる歯周秒の初期の段階を指します。

0367011001_R

この段階では、炎症も歯の頚の部分に限局しているので、歯磨きなどでしっかり汚れを除去すれば健康な状態に戻すことができます。

つづいて、歯周炎とは歯肉炎がさらに進行し、汚れが根の先の方向へ侵入していった結果、歯の周りの線維や骨も溶けてしまった段階を指します。

0367011003_R

こうなると、歯が揺れたり、膿が出てきたり、口臭の原因となったりします。

この段階まで進行してしまうと、元の状態に戻すのは非常に困難になるので、日々の歯磨きや定期的な歯科医院でのメンテナンスを心がけ、この段階になる前に予防するようにしていきましょう。

 

■ 他の記事を読む■