番外編 インプラントはどの位もつの?

投稿日:2017年1月22日

カテゴリ:埼東よみうりコラム記事

インプラントの寿命についてお話しするには、どうしても品質の問題がかかわってきます。私の考えでは、体に埋め込むものはできれば最高の品質の物を使う事が安心ではないかと考えています。一度埋め込んだものは、後から容易にもう一度埋め変えると言う事が困難だからです。

今現在流通しているインプラントは、ほぼどれも性能は高まってきているようです。また、世界シェア上位を占めるスウェーデンやドイツやアメリカ製のブランドインプラントは、かなりの保証制度により安全性を裏付けています。

しかし、国産の大半の後発インプラントは価格が安いものの、6年以上全額保証してくれる歯科医院をあまり見かけません。もちろん歯科医の技量や患者様の体調にも左右される治療の予後ですが、さらに上部構造と呼ぶインプラントの被せる歯の部分まで全額保証してくれるという歯科医院はごく少数のようです。

仮に今、インプラント治療を必要とする方が100歳であれば、10年以上インプラントが機能すればかなり健康に寄与できると思います。

それでは、50歳の方ではどうでしょうか?たとえ10年保証で10年機能しても60歳です。そんな事は無いと思いますが、10年と1日目でインプラントが脱落してしまったら泣き寝入りとなってしまいます。

インプラントのメーカーが10年後に無くなっていたり、手術した歯科医院が無くなっていたり、また手術したドクターが他院に転職したとか、外部に依頼したドクターだったため保証が無いなどと様々なトラブルも発生しています。

20年も30年も安心できるという事は、皆さんと歯科医院との信頼関係以外の何物でもありません。先生に相談すると納得がいかなくても治療を勧められてしまうと懸念される方には、専門の相談員が相談にのってくれる無料カウンセリングのシステムもあります。

当院ではメンテナンスを受けてのインプラントに不具合があった場合には、10年までは全額保証、それ以降も実費のみの負担で保証させていただいております。仮に被せ物の上部構造が欠けたり、破損してもすべて保証させていただきます。

インプラント手術を行うと通常はその患者様と一生の付き合いになります。現在、当院の10年残存率は99%を上回っておりますが、今後も来院者の皆さまと良き信頼関係を持ち続けていきたいと思います。