歯ぎしりしていませんか?

投稿日:2019年3月19日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!
羽生市にあります、木村歯科医院の関根です。
暖かくなってきて、最近春を感じます(^_^)♪

突然ですが、皆さんは『歯ぎしり』していますか?
患者様にお伺いしても「していないと思う」という回答が多い気がします。ちなみに私もそう思っていた1人でした!

歯ぎしりをすると、以下のようなことが起きます。
●歯のすり減り→知覚過敏の原因に!

●楔状の欠け→欠けたところに汚れが溜まるとむし歯や知覚過敏に!

●ヒビ→むし歯や知覚過敏の原因に!

●外骨症(骨隆起)

他にも歯が痛むだけではなく、詰め物が取れたり、被せ物が割れたりなどのトラブルも起きやすくなります。

ちなみに私は骨隆起と歯のすり減りを衛生士さんに指摘され気付くことが出来ました!

家族に「歯ぎしりしてる?」と聞いても「音がしないからしてないんじゃない?」と言われていたので、気付けて良かったと思いました!

 

たまにお子様の歯ぎしりが凄くて心配!という親御様がいらっしゃいます。

お子様の場合は顎の発達のためにもある程度の負荷は必要なので、心配することはありません。

 

\皆さんは悪い歯ぎしりしてませんか?/
こんな症状に悩まされている方!もしかしたら歯ぎしりが原因かも知れません。

☑︎詰め物がよく取れる

☑︎朝起きると顎が痛い、だるい

☑︎知覚過敏になりやすい

☑︎歯がすり減ったり、欠けたり割れたりしたことがある

☑︎歯の根元が楔状に欠けている

☑︎頬の内側や舌に歯の痕が付いている☑︎強い食いしばりで目が覚めることがある

歯ぎしりは睡眠中のイメージが主ですが、普段からお仕事中についつい食いしばってしまっている方も居るので注意してくださいね。

歯ぎしりを減らすためには

●自己暗示や心理療法

●習慣や癖を直す

●噛み合わせを修正する

などがあります!

当院ではバイトプレートという就寝時に使用する『マウスピース』があります。またスポーツ時の食いしばりから歯を守るスポーツマウスガードもあります。
実際にマウスピースを使用した患者様からは「顎が今までよりも楽になった」と言われることが多く、嬉しく思います。

 

私も自身のマウスピースに凄くキズが付いていて「こんなに歯ぎしりしていたんだ」と驚きました。

是非気になった方はスタッフまでお尋ねくださいね\(^o^)/

当院では院長による無料オリエンテーションを行なっております。
4月13日(土)10:00〜
4月16日(火)15:00〜

是非ご参加ください!!お待ちしております。