アルバム

投稿日:2017年9月30日

カテゴリ:スタッフブログ

埼玉県羽生市にあります木村歯科医院の嶋です(^-^*)/コンチャ!

先日、地元の仲いい友達に約1ヵ月半遅れの誕生日プレゼントをもらいました!!!ヽ( ´¬`)ノ

手作りのアルバムがものすごく可愛い♡ 

さすが保育士の卵。

木村歯科医院のスタッフの方々もたくさんのっててつい号泣( p_q)エ-ン

こんなに号泣するプレゼントをもらったのは初めてですヾ(´ε`*)ゝ

一生の宝物ですo(*^▽^*)o

 

さて、生まれて20年。

子供の頃を振り返ると、気付いたら毎日ハミガキするのが日課になっていました。

もし、自分が子供を授かったらいつから予防させればいいんでしょうか?

子供にはいつから歯磨きさせますか?

 

 

子供の歯のケアについて

☆0歳~1歳

生後4ヶ月~

赤ちゃんは生後6ヶ月くらいから歯が生え始めます。

その直前の4ヶ月くらいからだんだん歯茎がむずむずしてくるのでガーゼで歯茎を拭いてあげるなどの刺激を与えてあげてください。

   ↓

刺激を与えることで、殺菌・抗菌効果のある唾液があくさんでるようになります!!!

 

生後6ヶ月~

ほんの少しでも歯が生えてきたらハミガキをスタートさせましょう!

まずは歯ブラシに慣れさせることが大事です。

今後のハミガキ習慣を定着させるためにふき取ることより歯ブラシでみがいてあげましょう!!!

※嫌いにならないように優しく・・・。

 

生後8ヶ月~

歯の数が増えてくると、磨きにくいところがたくさん出てくる。

◎磨き方のコツ

 適切なサイズの歯ブラシを見つける(大きすぎると隅々まで磨けない)

 鉛筆を持つように歯ブラシを持ち、優しく小刻みに磨く。

 フロスも有効

 

☆1歳~3歳

1歳~2歳

1歳頃から奥歯が生えてくる。

いろいろなものが食べられるようになる=食べカスがつまる

※毛先を垂直にたてて奥から手前にかき出すように磨く。

 

2歳~3歳

歯もそろってきたところで、少しずつ自分で歯をきれいにする習慣を身につけてあげる。

   ↓

 1.まずはうがいからスタート!

 2.少しずつブラッシング指導

 ※仕上げ磨きは忘れずに!!!

 

★定期健診を受けましょう

 子供の歯は弱いため、ほんの少しの磨き残しでも虫歯になってしまう。

 フッ素を塗って虫歯になりにくい環境を作る。

 

★歯医者さん嫌いにしないで!!!

 「歯医者=怖い」というイメージをつけさせない。

 (本当に治療が必要になった時に適切な治療ができなくなる。)

 

ぜひ、参考にしていただけたら嬉しいです

 

木村歯科医院では院長によるお口の健康講座を毎月開催しております!

次回は10月21日(土)16時30分~となっております!

ご希望の方はお気軽にご連絡ください!

皆様のご参加をお待ちしております\(^▽^)/