歯科衛生士 院内研修2回目

投稿日:2018年9月17日

カテゴリ:みんなの勉強会報告

埼玉県羽生市にある木村歯科医院の遠藤です(*^-^)

加瀬先生を招いての2回目の院内セミナーを行ないました。

今日の内容は口腔内写真について学びました。

口腔内写真とは、診査診断の材料となるお口の中の変化を写す資料です。

口腔内写真は歯の骨の画像診断にも用いるレントゲンと同じぐらい大事で、規格性をもって撮影することによって口腔内の状態を正確に評価・記録することができる大切な情報となります。

何かを行なったときのみ撮影するのではなく、変わりないことを確認したり、経過を追うためにも必要になります。

そのための撮影のタイミングや写真から読み取れる情報などを教えていただきました。

そして、口腔内写真の相互実習を行ないました。

みんな真剣ですd(゚-^*)

直接ミラーの角度や姿勢など教えていただけたので、とても分かりやすかったです。

課題図書の読書感想文や実際に口腔内写真を撮ってからの読解など宿題があるので、さっそく取り掛かりたいと思います。

診療中の時間を使って、セミナーをさせていただけていることに感謝しております。他のスタッフの方々には迷惑をかけている部分もあると思いますが、頂いた時間を有効にして衛生士の成長に繋げていきます。

ありがとうございました。