ついに歯科医院では珍しいフロアーマネージャー導入

投稿日:2018年10月1日

カテゴリ:院長ブログ

あらためまして埼玉県羽生市の木村歯科医院院長の木村です。

ついに!ついに!3年前より構想を練っていたフロアーマネージャーを導入しました。

フロアーマネージャーの専用の緑の服を着ている関根さんです。

フロアーマネージャーの刺繍も施してあります。

歯科医院は私たちドクターやスタッフも患者様も時間との戦いです。

予約制でありながら急患対応などにより野戦病院のように混んでしまう事があります。

そんな時に、タイムキーパーとして、補助の介補として、介補の介補として、いそがしくて電話に出れない受付として、2本目の電話が鳴った時、フリーダイヤルが鳴った時、お母さんの治療中同伴した赤ちゃんが泣いてしまった時、物を落としてしまった時片づけたり、診療が遅くなったドクターに忠告したりととにかくすべてができるような人材を養成したかったのです。

幸い関根さんは木村歯科医院では新人ながら受付業務もこなし治療全般を積極的に勉強してくれて、持ち前の人懐っこさを発揮し患者さん対応の評判も良く、なるべくしてなった逸材です。

先日は私と子育てと歯に関してのセミナーに参加し子育てと成長、成長と歯並びから食育そして摂食嚥下について勉強してきました。

木村歯科医院も訪問診療を始めましたが、これからの老人介護の勉強そして子育てと食育の勉強が、例えば食べるものに関しては材料は一緒でも調理の仕方を変えて食べることで乳幼児から老人まで対応できることを2人で学んできました。特に乳幼児の離乳食の弊害は驚きました。

すでに子育てで乳幼児の時期を終えている私は若干後悔しましたが、これから家庭を持つであろう関根さんは今の勉強がそのまま自分自身の為、子どもの為に生かせるちょうど良い勉強会でした。

そんな関根さんが今後徐々にフロアーマネージャーとして活躍し治療効率を上げ患者様にさらに快適な治療空間を提供できればと思っています。

最初はフルで毎日活動はできませんが、いずれはフロアーマネージャー2人体制で診療日すべてをカバーして素晴らしい治療空間を毎日提供できるように期待しています。

またその為の日々の研鑽も私も一緒に勉強していきたいと思っています。

新木村歯科医院をぜひ応援してください。

余談ですが先週サプライズで私の誕生プレゼントをスタッフからいただきました。

朝礼の時ですが本当にびっくりしました。

私の愛犬クロック(名前)のクロック(時計)とそれをプリントしたオリジナルバッグでした。

私の誕生日というよりクロックの誕生日感が強い素敵な贈り物でした!

スタッフの皆さんありがとうございました。

木村歯科は良い治療を提供し患者様に喜んでもらうだけでなく、サプライズやイベントで人を喜ばす事に喜びを感じるスタッフに囲まれている職場でうれしく思います。