お子様の仕上げ磨き、嫌がる原因は?

投稿日:2021年3月12日

カテゴリ:未分類

埼玉県羽生市にあります木村歯科医院の嶋です(^-^*)/コンチャ!

花粉の季節ですね(;∇;)

私は幼い頃から花粉症持ちでいつもこの時期は辛いです・・・

一刻も早く去ることを願っています(;Д;)

 

さて、私は子供が大好きで、お子様の定期検診や治療のアシストについていると、何も恐れることなく出来

るお子様から怖くて出来ない、泣いてしまうようなお子様まで みんなそれぞれ頑張っている姿を見ること

に本当にやりがいを持つことができます!出来ないお子様が出来るようになった時なんて感動ものです

(・_・、)ウレシイ…

 

歯科医院に来院されるお子様のお口の中を見てみると、完璧に磨けているお子様は正直とても少ないです。

磨きづらい場所ナンバーワンはとくに裏側。お子様が小さければ小さいほど自分では磨けませんし、仕上げ

磨きをする親御さんも届かない、見づらいという理由で怠っていませんか?磨きづらいから磨かなくていい

では当然、虫歯になります。可愛いお子様のためになりません! その中でも、「仕上げ磨きをしたいのに

磨かせてくれない」というお子様も多いのではないのでしょうか? どうして嫌がるのかを聞いてみてくだ

さい。単にイヤイヤ期ということもあるかもしれませんが、その前に`歯ブラシがお口の中に合っていない

可能性`はありませんか? そこで、お子様が歯磨きを嫌がる原因をお教えします!

 

 ○お子様が痛がる歯ブラシの特徴は?

・毛足の長い、背高のっぽの歯ブラシ

 →毛足が短く、安定しているものを選びましょう! 

・毛が硬くてバリバリしている

 →毛の硬さはやや「やわらか」

・毛の植毛がまばら

  →毛が密集しているものを!

・ギザギザにカットしてあるもの

・大きすぎる

これらのものはお子様のお口には合っていない可能性があるので、見直してみてはいかがでしょうか?

 

 ○お子様が嫌がるもう一つの原因は?

・暗い部屋で歯を磨くとよく見えなくて歯ぐきをみがいてしまっているかも・・・ 

→明るい部屋で、または照明を使って明るくしましょう!

 

○歯ブラシの交換目安は?

・毛先が広がったら新しいものに交換をおすすめします!

「歯ブラシは使い捨てだから何でもいい」ではなく、お子様のためにきちんと選んであげてください!

木村歯科医院でも、「タフト17」「タフト20」という年齢にあった歯ブラシを販売しておりますので、気

になった方はぜひお声がけください♪+゜

 

 歯科というものはやはり「怖い」という印象を持ってしまうもの・・・ 私の通っていた歯医者さんは全く

そんなことを思わせないように接してくれる優しい歯医者さんでした。 だからこそ、治療が出来たし、行

きたくないと思ったことは一度もありませんでした。 木村歯科医院には優しいスタッフ、子供好きなスタ

ッフがたくさんいるため、お子様に怖い思いをさせないように出来ないお子様には練習から、また、診療室

に入ってきて早々怖くて泣いてしまうお子様には「怖い場所」だと思わせないためにまず一緒に遊ぶだけの

時間を過ごすこともあります。それでも虫歯で痛い思いをしてしまっているお子様には泣いているにも関わ

らず治療せざるを得ない時もあるんです。このような時には先生もアシスタントもとっても胸が痛みます。

そんな思いをさせないために頑張っていただきたいのが保護者の方々です。仕上げ磨き、お菓子の量や時間

配分、フッ素入りの歯磨き粉、フロスなど、ご自分のお子様が今後怖い思いをしないようなケアや、「歯医

者は痛くて怖いところ」「悪いことをしたら歯医者に連れていくよ、注射してもらうよ」など怖いイメージ

を植え付けないであげてください。その恐怖は大人になってもイメージを変えることは出来ません。笑顔で

来院されるお子様が少しでも多くなるよう、私達も精一杯サポートさせていただきます(*´∀`*) 

(もちろん大人の方も!!)

 

院長によるオリエンテーション(無料健康講座)を行っております。

現在、歯科衛生士によるコロナに負けない免疫力アップのお話しもしています。

次回は3月16日 火曜日 15:00〜となっております。

参加ご希望の方は、0120-255-418までご連絡ください。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。