唾液のお話

投稿日:2021年7月20日

カテゴリ:スタッフブログ

埼玉県羽生市にある、木村歯科医院の橋本です。

梅雨が明け、本格的な夏がやってきました。

体調を崩さないように、水分補給・バランスの良い食事

良い睡眠を心掛けましょう。

最近あった良い話ですが・・・

多肉植物「縁紅弁慶」(金のなる木)が復活しました。

去年の冬に霜にやられ、全ての葉が落ちてしまいました。

とても残念でずっと経過を見守っていました。

春頃から葉が出てくる兆しがあり、今では、こんなに元気に

葉を広げています。

生命の強さを感じています。

話しは変わって、唾のお話をしたいと思います。

以前にも、唾の働きについてお話したことがありますが

まずは復習です。

①潤滑作用・・・歯ぐきや舌の粘膜を保護して食べたり

        しゃべったりをスムーズにします。

②消化作用・・・食べ物に含まれるデンプンを糖に変える。

③抗菌作用・・・侵入した細菌に対抗する。

④洗浄作用・・・食べかすを洗い流してお口の中に残るのを防ぐ。

⑤緩衝作用・・・お口の酸性度(㏗値)を正常に保ち、歯が溶けるのを防ぐ。

⑥凝集作用・・・唾液の中のタンパク質で細菌を集める。

⑦歯の保護作用・・・細菌をお口から排出する作用

⑧粘膜修復作用・・・ペリクルという物質を作り粘膜を修復する。

しかも一日に1~1.5リットルも分泌されています。

唾液が減ると口腔の乾燥だけではなく、う蝕や歯周病のリスクが

高くなってしまいます。

口腔乾燥のサインは・・・

・水が無いと食べ物が食べられない。

・口の中がカラカラする。

・話しづらい。

・唇が渇く。

・唇や口角が切れやすい。

・舌がヒリヒリする。

・口の中がネバネバする。

・よく飴をなめる。

・舌に溝がある。

・舌が渇く。

これらの症状が日常的に感じるのであれば一度

専門医を受診することをお勧めします。

原因としては自律神経の問題・唾液腺の問題

血液量の問題や薬の副作用などがあります。

自己判断なさらずに、医師と相談しましょう。

また、唾液腺のマッサージをすることもお勧めです。

夏場は汗をかき体内の水分が減少傾向になります。

水分も沢山とりましょう。ただし炭酸や糖分を含む飲み物には

注意をしてください。

またまた話が変わって・・・

院長主催のオリエンテーションに参加してみませんか?

とてもためになるお話と体験、歯科衛生士からの

「免疫」のお話を行っています。

7月20日(火)15:30~

8月17日(火)15:30~

ご興味のある方はご連絡ください

☎0120-255-418

お待ちしています。

■ 他の記事を読む■