顎関節セミナー

投稿日:2015年6月12日

カテゴリ:院長ブログ

私が尊敬する青山の田中先生のセミナーがありました。
2日に渡ってのセミナーで当院の篠崎先生も内田先生も出席した為、土曜日が休診となり来院者の方には大変ご迷惑をおかけしました。
このセミナーは噛み合わせと顎関節についての最新の情報と歯科界での現状を教わりました。

かなりお歳に見えますが記憶力や歯科に対する情熱など信じられないパワーをお持ちの田中先生です。

歯科ユニットでおなじみドイツのカボ社のショールームのセミナールームを借り切っての設営でした。
実習には最新の設備が使い放題です。

私は田中先生の歯科に対する情熱もさることながら、歯科医としての生き方も素晴らしいと思い憧れている存在です。日本中からドクターが集まっています。

折角なので当院の内田先生と2-ショット
いつも笑顔の田中先生!内田先生の笑顔もさすがです。
内田先生がつけているのは「3Dスプリント」という世界初の装置です。

篠崎の実習中に後ろから・・・私です!

サプライズゲストとして日大松戸の放射線科教授金田先生の御講演もありました。
MRIの読影まですっかり受講生一同お世話になりました。
最近はいっこく堂のべろの動きなどもテレビ局の特集で研究しているそうです。
「ぱぴぷぺぽ」を腹話術で出せる秘密が解き明かされる日も近いようです。
しかしいっこく堂も7年かけて発音できるようになったらしいです。

私も自ら実験台となり教わります。自分がされるのが一番勉強になります。

模型実習もこなします。
カボ社は技工セットも世界的に有名です。
ちなみに木村歯科医院は技工部門にカボ社の技工フルセット4台設置して3人の技工士さんが日々仕事をしています。

噛み合わせを見る時に歯姿勢なども考慮します。
篠崎先生で測っていますが、田中先生のシステムは同時に重心の位置も測れます。
2日間のセミナーから改めて最新の情報を勉強する事が出来ました。
おそらく世界最先端の治療と言う事でした。
田中先生ありがとうございました。

■ 他の記事を読む■