無痛治療

「歯科医院は痛いし恐い!」という方にご安心いただきたい

無痛歯科治療

「歯科医院は痛いから恐くて行きたくない!」という方も多いと思います。でも、ご安心ください。当院では、痛みを抑えた治療を受けることができます。もちろん、まったく痛みを感じずにすべての工程を終えることは難しいですが、きっと、「これなら痛くなさそう!」と思っていただけるワケをご紹介します。

木村歯科式 『3つの歯科無痛治療』

当院では3つの方法を用いて治療における痛みをできるだけ抑えています。「あれ?こんなに痛くなかったのならもっと早く来ればよかった!」とおっしゃっていただくことも多いので、その理由をご紹介します。

  • 塗るタイプの麻酔

  • 電動麻酔器の使用

  • 拡大鏡を使った負担の少ない治療

①塗るタイプの麻酔を使います

塗るタイプの麻酔まず、歯医者に限らず、病院に行くことで受ける痛みと聞くとみなさん麻酔注射を1番に思い浮かべると思います。

「注射=痛い」この事実に間違いはありませんが、当院では、この麻酔注射をする部分に事前に塗るタイプのジェル状麻酔を塗ります。

このジェルを塗ると、その部分がマヒして感覚がなくなります。そこに麻酔注射をうつのですが、刺すときの痛みを感じることがほとんどなくなります。刺した瞬間がわからない方がほとんどですのでご安心ください。

②電動麻酔器の使用

電動麻酔器の使用麻酔注射を痛みを感じず刺すことに成功しても、注射針から流れ出る麻酔液をドバっと流し込んでしまうと痛みを感じます。

しかし、当院でご希望の患者様には電動麻酔器を使い、この麻酔を流し入れる速度をとてもゆっくり、一定の速度で流し込むことができます。

痛みを感じず麻酔注射を行い、痛みを感じない程度でゆっくり注入することで痛みを感じなくさせることができます。

③拡大鏡を使った負担の少ない治療

拡大鏡を使った負担の少ない治療拡大鏡を使用することで、患部を拡大して治療することができ、治療面積を最小限する精密治療を行う事が可能となります。

治療面積に比例して治療後の痛みは大きくなりますので、治療面積を抑える精密治療を行うことで、治療後の痛みを最小限にすることができます。

もちろん、念のため痛み止めをお渡ししますが、一般治療と比較しても痛みは大きく軽減されます。

▼拡大視野下での治療の重要性について動画で解説

羽生で痛くない歯医者をお探しの方はぜひご相談ください

歯科無痛治療

このように痛みを抑えた治療を行なっておりますので、羽生で痛くない歯医者さんをお探しの方はぜひ、当院までご相談下さい。きっと、「歯科医院ってこんなに痛くなったの?」と喜んでいただけるはずです。歯医者さん嫌いの方、お待ちしております。