痛くない削らない虫歯治療

木村歯科式-できるだけ「痛くない虫歯治療」

痛くない虫歯治療

虫歯治療は、「痛い」というのが大前提となっています。それだけに、虫歯になっても放置する人が後を絶たないのでしょう。けれども当院では、そうした歯科治療の痛みを軽減する、新しい治療法を提供していますので、ご安心ください。いやゆる無痛治療と呼ばれるもので、基本的に5つのステップを踏みます。

Step1 不安や緊張を除去する

痛くない虫歯治療

痛みは、神経が反応して生じるものです。そのため、治療前に不安や緊張があると、治療中の痛みは強くなります。

これは、神経が敏感になっているからです。この不安や緊張を、カウンセリングによって除去します。

Step2 表面麻酔でリラックス

痛くない虫歯治療虫歯治療の痛みは、歯を削ることで生じるものがほとんどです。

けれども実は、痛みを弱めるための注射自体もそれなりに痛みを生じさせます。

その痛みを少しでも和らげるために、表面麻酔を施します。これはいわば、麻酔のための麻酔と言えます。

Step3 麻酔液を人肌までに温める

痛くない虫歯治療麻酔を注入する際の痛みというのは、歯茎に針が刺さる時の痛みだけではありません。

麻酔液という異物が体内に入ることが痛みを誘発するのです。ですので、この痛みを少しでも軽減するために、当院では麻酔液の温度を高めています。

体温との温度差が少ないほど、痛みも軽減されます。

Step4 極細針の使用(33G)

痛くない虫歯治療麻酔を注射する際には、市販されている中でも、最も細い針を使用します。

当然ですが、注射針は太いものよりも、細いものの方が痛みが少ないのです。

Step5 可能な限りゆっくりと注入する

痛くない虫歯治療最後に、麻酔液を注入する際には、出来る限りゆっくりと行います。ゆっくり注入することで、痛みもかなり軽減されます。

また、お口の中には、硬い部分(歯茎)と軟らかい部分(粘膜)があるのですが、柔らかい部分の方が痛みが少ないので、そちらから先に注射を打ちます。

木村歯科医院の選択-できるだけ「削らない虫歯治療」

削らない虫歯治療

従来の虫歯治療は、虫歯になった部分をドリルで削って、そこに金属などを詰めるというものでした。しかも、再発を恐れるがあまり、かなり過剰に削っていたのが現実です。ですので、少しでも虫歯が見つかると、歯の大部分を治療によって失うこととなっていました。

そして、削ることさえ難しくなると、抜歯という選択をせざるを得ないのが現実でした。

ミニマルインターベンションという考え方

けれども、歯科医療の技術も年々向上していきてます。その結果、MI(ミニマルインターベンションの略:可能な限り歯を削らずに虫歯を治していく)治療が主流となりつつあります。このMI治療を実践することで、歯そのものの寿命が延びていきます。

sample

[削らない虫歯治療法①]拡大鏡の使用

拡大鏡を使った負担の少ない治療 拡大鏡で視野を肉眼の数倍にまで拡大して患部を見ることで、削り過ぎや、虫歯の取り残しを防ぐことができます。

当院ではこの拡大鏡を積極的に使用し、精密なむし歯治療を行なっております。

 

[削らない虫歯治療法②]レーザー治療

レーザーによる虫歯治療当院で使用する歯科用レーザーは、水分を多く含む虫歯組織にのみ反応するという特性をもっています。

ですので、虫歯部分に照射すると天然歯を一切傷つけること無くキレイに虫歯部分のみを除去することが可能なのです。

ドリルで削るとどうしても天然歯を余分に削ってしまう場合がありますが、レーザーを使用することで当院では削り過ぎを防止しています。

[削らない虫歯治療法③]レジン素材の活用

レジン充填による虫歯治療

歯を削った後には、詰め物をします。従来では、金属を詰めることが普通だったのですが、最近では、レジンと呼ばれる素材を詰めることが多くなってきています。

レジンというのはプラスチックの一種で、色々な形に変形させることができます。また、金属とは異なり、歯を削る量を最小限に抑えることができるのです。

そういったことから、MI治療には欠かせない素材と言えます。