虫歯について

投稿日:2017年7月18日

カテゴリ:スタッフブログ

埼玉県羽生市にある木村歯科医院の大場です。

最近は蒸し暑く寝づらい夜が続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

熱中症のニュースもちらほらと出てきていますので、こまめに水分補給をするなど熱中症対策は万全にしましょう。

ところで、皆様は虫歯にも段階があるのをご存知でしょうか。実は虫歯にはC0~C4という段階があります

CO:エナメル質表面がわずかに脱灰している状態

エナメル質という歯の一番外側にある部分の一部が虫歯菌の出す酸で溶けた状態で、しっかりと歯を磨けば再石灰化も期待できる状態です。

C1:エナメル質内部まで溶けた状態。

エナメル質の内部まで虫歯が進行した状態です。当院ではこの段階であれば、治療をすることは稀です。

C2:象牙質に達した虫歯

エナメル質の内側にある象牙質という部分まで虫歯が進行した状態です。象牙質はエナメル質に比べると柔らかく虫歯の進行が速いため、この段階まで達した場合は当院でも虫歯を取っての治療になります。

C3:歯の神経(歯髄)まで達した虫歯

象牙質のさらに内部にある神経まで虫歯が進行した状態です。さすがにここまでくると相当な痛みが生じます。

C4:歯冠部まで溶けてしまい根っこだけ残っている状態

虫歯が進行しすぎて、根っこだけ残っているような状態です。ここまでくると、状態によっては抜歯になる可能性があります。

虫歯が痛く感じるようになるのは段階がかなり進んだ状態の時なので、痛くなってから歯科医院に行くのでは、歯の状態がかなり悪い段階での治療スタートになってしまいます。
なので、そういうことにならないように定期的に歯科医院で検査とクリーニングを受けるように心がけましょう。

当院では院長による無料のお口の健康講座を毎月行っております。

次回は7月29日(土)のPM3時~となっております。

参加を御希望の方は是非当院までご連絡ください。
皆様のご参加、心よりお待ちしております。

 

■ 他の記事を読む■