おはらい

投稿日:2015年6月12日

カテゴリ:院長ブログ

なんだか、小遣いの減りが早い気がしたので
熊谷の「常光院」というすごいお寺でお払いをしていただきました!

その炎の形が龍に見えた後
「携帯電話に気をつけなさい」とお話をしていただきました。
私の車はハンズフリーなので大丈夫と思いながら聞いていました。
数日後、運転中に滅多に鳴らない歯科医院の緊急電話が鳴り、ハンズフリーでなく直接出た瞬間!
ピピー
ピピー
と笛が鳴り!
「運転中に電話をしていましたね」と確認されて、無言で違反切符をもらいました。
これは安全のための教訓だと信じていますが、ゴールド免許がなくなり、さらにこずかい6000円がなくなりました。
とにかく常光院の予言はすごいと実感しましたが、こずかいは減り続けています。
これも無駄遣いをするなという教訓です。
もし携帯電話中に事故にあっていたら、小遣いどころの金額ではなかったはずです。
ましてや入院などしたら仕事ができなくなります。
常光院さんまたお世話になります。
本当にありがとうございました。
しかし切符を切る警察の方、切符を切る前に何か言うことはないのでしょうか?

後日談
携帯電話の保持は反則金6000円
携帯電話使用は9000円であることがわかりました。
保持の定義はないそうですが、軽い方にしていただいていたことも知りませんでした。
言ってくれればいいのに!